社会

楓空さん、7時間の手術終える 容体は安定「引き続き見守って」と支援団体

金城楓空さん=2月16日、那覇空港(ふうあの会提供)

 【中城】小児がんではまれな「腹膜悪性中皮腫」で闘病中の琉大付属小4年、金城楓空(ふうあ)さん(10)=中城村=の胸部の手術が1日、東京都の国立国際医療研究センターであった。
 約7時間に及ぶ手術は終了し、楓空さんの容体は安定しているという。楓空さんを支援する「ふうあの会」がフェイスブックで発表した。

 楓空さんは、胸部の腫瘍切除の手術と化学療法の治療を受けた。手術後は集中治療室(ICU)に移動。昨年10月22日には腹部の腫瘍切除などの手術を受けていた。ふうあの会は「引き続き見守っていただけると幸いです」とコメントした。

 

▼楓空さんからのお礼状に「感激」 会える日を心待ちにしている

▼同じ学校の楓空さんへ 「一人じゃない」「待ってるよ」 児童・生徒が応援メッセージ 琉大付属小中学校

▼がんと闘う楓空さんへの募金、総額6085万円に 県内外から多くの応援 支援団体が感謝



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス