地域
「女性力」の現実 政治と行政の今

男女共同条例案 全会一致で可決 宜野湾市議会総務委

宜野湾市が提案した市男女共同参画推進条例案を全会一致で可決する市議会の総務常任委員会=5日、同議会

 宜野湾市議会3月定例会の総務常任委員会(桃原朗委員長)は5日、市が提出した市男女共同参画推進条例案を全会一致で可決した。前回の条例案に反対した主要与党会派の議員も賛成し、市側と議員が互いに譲歩した形となった。

 条例案は26日の最終本会議で採決される予定。前回の「市男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」案は、主要与党会派から「多様性」などの文言に疑義の声が上がり、昨年6月議会で反対多数で否決された。

 現在の条例案に反対する市民が提出した陳情は、昨年の12月定例会に続き再び継続審査にした。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス