芸能・文化

書や美術一堂に 県芸術文化祭 特別展が開幕

開幕した県芸術文化祭特別展で美術作品を鑑賞する来場者=9日、那覇市久茂地の那覇市民ギャラリー

 県芸術文化祭特別展(主催・県、県文化振興会)が9日、那覇市民ギャラリー(パレットくもじ6階)で始まった。14日まで。入場無料。県芸術文化祭では例年、公募し、入選した作品を展示しているが、昨年秋の第49回は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止した。今回の特別展は、芸術鑑賞の機会を絶やさないとの思いで、審査員や無鑑査資格者が出展して実現した。書道、写真、美術の3分野の計44点を展示する。

 県文化振興会の又吉民人理事長らが9日、展示会場で記者会見を開き「例年の公募展とは違う形だが、沖縄の芸術を担う先生方の最高レベルの作品を鑑賞できる」と語った。

 特別展と連動し、イメージ動画「みんな芸術(アート)を欲してる」を動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信し、県芸術文化祭をPRする。動画監督を務めた宮平貴子さん(映画監督)や、出演したバスケットボールパフォーマーのJJさん、アコーディオン奏者でラジオパーソナリティーの山原麗華さん、役者の秋山ひとみさんも会見に同席し来場を呼び掛けた。

 芸術を楽しむ視点を分かりやすくまとめたリーフレット「県芸術文化祭 鑑賞のヒント ゆんたくでアートに親しもう」も配布している。問い合わせは県文化振興会(電話)098(987)0926。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス