芸能・文化

多彩な「顔」多様な技法で 軌跡たどる130点 片岡鶴太郎展始まる 浦添市美術館

 画家、芸人、俳優、ボクサーなど多彩な「顔」を持つ片岡鶴太郎さんの展覧会「画業25周年・芸能生活45周年記念 片岡鶴太郎展 顔―faces―」(主催・琉球新報社、片岡鶴太郎展 顔―faces―実行委員会)が13日午前、浦添市美術館で開幕した。4 月18日まで。

 油彩画、日本画、墨彩画、染め付けなど多彩な技法で表現した作品に加え、日本の「顔」である富士山に映像を組み合わせた躍動感あふれる作品など約130点を展示している。岩絵の具と墨彩を用いた独特の色彩でツバキを描いた連作も見どころ。

 開館は午前9時半から午後5時(金曜日は午後7時まで)。毎週月曜休館。

 

【関連記事】

即興画に躍動感 きょうから片岡鶴太郎展 浦添市美術館



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス