社会

「県外客と食事控えて」GW中に観光客10万人が訪れる沖縄 コロナ対策で知事が呼び掛け

新型コロナウイルスの変異株の感染拡大に注意を呼び掛ける玉城デニー知事=3日午後、県庁(代表撮影)

 玉城デニー知事は3日、県庁で記者会見を開き、大型連休に入って県外からの来訪者が増えていることから、新型コロナウイルスの感染防止対策として県外客との食事を避け、県をまたぐ帰省も厳に控えるよう県民に呼び掛けた。県内では同日、新たに10歳未満から90代までの57人の感染が確認され、14日ぶりに前週の同じ曜日を上回った。県は連休後の感染者数の跳ね上がりを警戒している。

県が推計した連休中(4月29日から5月9日まで)の入域観光客数は10万7477人。新型コロナの影響がなかった2019年の29万人余に比べると半分以下に落ち込んだが、玉城知事は「かなりの数の方々が沖縄に来ていると認識している」と説明。人出が活発になると飲食の機会も増えるため、感染対策の徹底を重ねて求めた。

 直近1週間の感染者数は減少傾向にあり、4月12日に始まった「まん延防止等重点措置」の効果がみられる一方、玉城知事は県独自の緊急事態宣言が出された1月と比較して
「減少スピードが鈍くなっている」との見方を示した。

 3日時点の病床占有率は94・2%と高止まりしており、変異株の広がりで若い世代が重症化するケースが増えている可能性も指摘されている。




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス