経済

ワイナリーエリアが世界最大級のイタリアデザインコンペで銀賞 ナゴパイナップルパーク 県内施設で初

「エーダッシュデザインアワード&コンペティション」の展示デザイン部門で銀賞を受賞したナゴパイナップルパーク内のワイナリーエリア(提供)

 【名護】毎年イタリアで行われる、世界最大級のデザインコンペ「エーダッシュデザインアワード&コンペティション」のインテリアスペース展示デザイン部門でこのほど、名護市にあるナゴパイナップルパーク内のワイナリーエリアが銀賞を受賞した。県内施設のインテリアデザインの受賞は初とみられる。

 コンペには約100カ国のデザイナーが参加した。ワイナリーのインテリアデザインを手掛けたのは、デザイン設計会社「コンセプション」(那覇市)の平識伸二郎代表らのプロジェクトチーム。パイナップルの味やトロピカルなイメージ、トゲトゲした外見のイメージをバランスよく取り入れ、幅広い世代から支持を受けるナゴパイナップルパークの特徴をデザインに生かした。

 平識代表は「鉄骨も用いて、ワイナリーの機械のイメージも表現した。コロナ禍で大変な時期ではあるが、海外からも注目されるはずなので来年以降のインバウンドも期待できる」と期待した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス