社会
セピア色の春―高校人国記

1995年の国仲涼子さん「制服かわいい」那覇商業高での出会い

国仲涼子さん

 国仲涼子(42)は那覇商業高校の45期。卒業後上京し、俳優としての道を歩み始めた。2001年に出演したNHK朝の連続テレビ小説「ちゅらさん」は社会現象となった。デビューから23年。「私は人に恵まれ、皆の力でここまで来ることができた」と回想する。

 1979年、那覇市で生まれた。市立上間小学校に通っている頃、そろばんを学んだ。寄宮中学校では陸上部に所属した。幼い頃から活発な子だった。「おてんばでした。ショートカットで色黒。男の子に間違われて、『ぼく?』ってよく言われた」と笑う。

 志望校は早い時期から決めていた。「そろばんが好きで数学も得意。那覇商業に絞っていた」と話す。ほかにも理由があった。

 「夏の制服がかわいい。この制服を着たいと思い、那覇商業にしたんです」

 制服は俳優で9期の津嘉山正種が生徒会長だった1960年、生徒会の発案で制定した。国仲は95年、この制服に憧れて那覇商業の門をくぐった。

(編集委員・小那覇安剛)
(文中敬称略)
 


那覇商業高校(9)国仲涼子さん「沖縄のおばあになれるかな」<セピア色の春―高校人国記>
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1354925.html



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス