政治

【速報】沖縄県、辺野古サンゴ移植許可を撤回「防衛局が条件守らず」

サンゴ移植の現場海域を航行する沖縄県の船=7月30日午前11時ごろ、名護市

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設に伴うサンゴ移植を巡り、県は30日午後、沖縄防衛局が県の中止を求める行政指導に従わなかったことから、移植許可を撤回した。

 移植許可は県が28日付けで出したが、沖縄防衛局は29日から移植作業を始めていた。県は許可時にサンゴの生残率を高めるため、高水温期を避けることなどを条件にしていた。高水温の移植で生残率を下げる可能性があることから、県は30日に中止を求めていたが、沖縄防衛局からは従わない旨の回答があった。

 玉城知事は30日午後、会見を開いてサンゴの移植許可撤回を発表した。玉城知事は「条件を順守しない沖縄防衛局に対し、許可撤回は県漁業調整規則に基づく適切な処分だ。県は法令に基づき、適切に対応していく」と述べた。


【関連ニュース】

▼沖縄県が辺野古サンゴ移植を許可 県が付けた条件とこれまでの経緯【表・地図付】

▼【深掘り】「不適切な時期」に辺野古のサンゴ移植を強行した国の狙いは

▼「じくじたる思い」辺野古サンゴ移植 「不許可」模索した知事が判断を変えた背景

▼サンゴ産卵…辺野古建設の傍らで「大浦湾の豊かな自然を見て」



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス