スポーツ

津波、走り幅跳び26位 決勝逃す 東京五輪

男子走り幅跳び予選 津波響樹の1回目=国立競技場

 東京五輪第9日の31日、東京の国立競技場で男子走り幅跳び予選を行い、県出身の津波響樹(那覇西高―東洋大出、大塚製薬)は7㍍61で26位で、決勝進出はならなかった。予選は3回の試技で、8㍍15以上を記録するか、12位以内に入ることが決勝進出の条件だった。津波は1回目から順に7㍍52、7㍍61、7㍍55だった。

 県勢が五輪の陸上競技に出場したのは、沖縄初のオリンピアンである具志堅興清が1972年のミュンヘン五輪男子三段跳びに出場して以来、49年ぶり。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス