社会
沖縄の新型コロナウイルス最新情報

うるまのクラスター186人に 死者累計は23人 沖縄最大規模

 沖縄県は5日、うるま市内の医療機関で発生している新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)について、新に46人の感染者と死者19人を追加した。累計で感染者は186人(入院患者166、職員20人)、死者は23人となった。同医療機関では職員114人が勤務し、277人が入院していた。県内最大規模のクラスターとなっているが、5日時点でまだ収束していない。

【関連ニュース】

▼沖縄のコロナ、人口比200人に迫る 新たに648人感染 3日連続最多更新(8月5日午後)

▼ランチでドライブで披露宴で…沖縄のコロナ感染7例

▼沖縄、今週6000人コロナ感染も 知事「過去と比較にならぬ」 子どもの感染広がる

▼沖縄コロナ「爆発的感染」のステージ4 国指標は全て最悪

▼【グラフで見る】沖縄の感染者数推移

▼沖縄なぜ最下位?ワクチン接種16% 供給不足だけなのか

▼【図でわかる】免疫いつから?持病ある人は? ワクチン接種Q&A

▼【写真特集】コロナ禍でも人気 沖縄・超高級ホテルの世界



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス