政治

与那国町長選きょう投開票 午後9時半ごろ大勢判明

立候補した(左から)前西原武三氏、池間龍一氏、糸数健一氏

 【与那国】任期満了に伴う与那国町長選が8日、投開票される。4期務めた外間守吉氏が今期限りで引退するのに伴い、前町議会議長の前西原武三氏(67)=自民公認、公明推薦、元町議の池間龍一氏(70)=無所属、元町議会議長の糸数健一氏(67)=無所属=の新人3氏が立候補し、町政の評価や人口減少対策などを争点に選挙戦を繰り広げてきた。

 投票は午前7時~午後7時、町内3カ所の投票所で実施する。午後9時半ごろに当落が判明する見込み。町の選挙人名簿登録者数は男性727人、女性599人の計1326人。

 前西原 武三(まえにしはら・たけぞう)1954年2月26日生まれ。町久部良出身。八重山農林高卒。90年に町議に初当選。以後8期連続で務めた。

 池間 龍一(いけま・りゅういち)1950年10月15日生まれ。町祖納出身。日本大中退。86年から町議3期の後、町総務財政課長などを務めた。

 糸数 健一(いとかず・けんいち)1953年8月18日生まれ。町祖納出身。東京理科大中退。2006年に町議に初当選。17年の町長選に出馬した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス