社会

沖縄、デルタ株が9割に 置き換わり進み検査終了

デルタ株=国立感染症研究所提供

 沖縄県は13日、感染力の強い新型コロナウイルスの「デルタ株」について、今週分の検査での検出割合が88・26%(検査件数426件中376件)となったと発表した。前週8月2~8日の1週間の78・91%から約10ポイント上昇し、約9割となった。

 県は「概ねデルタ株に置き換わった」(糸数公医療技監)として、デルタ株に関するスクリーニング検査は終了し、今後は那覇空港や離島3空港で新たな変異株に関する検査を続けると説明した。


【関連ニュース】

▼【グラフで見る】沖縄の感染者数推移

▼ランチでドライブで披露宴で…沖縄のコロナ感染7例

▼グーグルAIが「1日最大1466人感染」予測 現時点まで的中

▼沖縄のコロナ感染、世界最悪レベル 10万人当たり256.09人

▼ワクチン接種後「ブレークスルー感染」…浦添総合病院でクラスター

▼沖縄なぜ最下位?ワクチン接種16% 供給不足だけなのか

▼【図でわかる】免疫いつから?持病ある人は? ワクチン接種Q&A

▼【写真特集】コロナ禍でも人気 沖縄・超高級ホテルの世界



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス