スポーツ
東京パラリンピック・沖縄県勢選手の情報

陸上車いす上与那原が銅 トラック種目で県勢初のメダル

男子400メートル(車いすT52)予選 力走する上与那原寛和=国立競技場

 東京パラリンピック第4日の27日午後、陸上男子車いす400メートルT52の決勝が東京の国立競技場で行われ、沖縄市出身の上与那原寛和=SMBC日興証券=が59秒95で銅メダルを獲得した。陸上トラック種目でのメダル獲得は県勢初。4大会連続の出場となる上与那原は2008年の北京大会車いすフルマラソンで獲得した銀に続き、パラリンピックで自身2つ目のメダルとなった。

 3着以上に入れば決勝に進出する27日午前の予選は1分1秒05の2位で通過した。午後に行われた決勝には8人が出走。5レーンスタートの上与那原は最後まで力強く車輪を回し、3位でゴールラインを駆け抜けた。

 29日には最も得意とする1500メートルに出場する。

 1971年5月22日生まれの50歳。28歳の時に交通事故で頸椎(けいつい)を損傷し、首から下にまひを抱える。「リハビリにいい」と31歳で車いす陸上を開始。パラ初出場の北京大会フルマラソンで銀を獲得。ロンドンでは400メートルを3位でゴールしたが、ラインを踏んで失格。リオデジャネイロの1500メートルは3位と0・08秒差の4位だった。

【あわせて読みたい】

▼「人生終わった」からの競技との出合い

▼「沖縄の人を笑顔に」車いす陸上T52出場の上与那原、トラック初メダルへ決意

▼【動画】表彰台の真ん中狙うベテランレーサー



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス