社会

飲酒後、車に残された18歳が熱中症で死亡 友人「暑さで起きると」 沖縄

 今年7月に本島南部で未成年者約10人が飲酒し、このうち嘔吐(おうと)するなどした専門学校生の18歳の少年が車中に残された後、熱中症で死亡していたことが14日までに分かった。現場に居合わせた友人や亡くなった少年の遺族らが琉球新報の取材に明らかにした。少年はアルコールの影響で意識がはっきりしない状態となり、自力で動けなかったとみられる。県警は友人などから事情を聞くなどして、死亡に至った経緯などを調べている。

 

【現場写真】友人「大丈夫だと思った」飲酒発覚も恐れ

 亡くなった少年を残し、車を離れた友人は取材に対し「まさか亡くなるとは思わなかった。自分たちの認識不足だった」と答えた。

 遺族や飲酒の場にいた友人によると、約10人が7月10日午後9時ごろから本島南部の海岸でバーベキューを始め、飲酒もした。翌11日の午前8時20分ごろ、少年は「気分が悪い」とLINE(ライン)で周囲に伝えていた。その後、友人2人と少年の計3人は中部の飲食店へ車で向かうなど移動を続けた。その間、少年は助手席で寝ており、時折窓から顔を出して吐いていたという。自ら水を求めたが、ほとんど口にすることはできなかった。

 午前10時ごろ友人宅の駐車場に到着した。友人は、シートを傾けて寝ている少年の体をゆすって名前を呼んだが、ほぼ反応はなかったという。友人は車に少年を残したまま、窓を閉めてエンジンを切り、駐車場を離れた。駐車場に屋根はない。窓を閉め、エンジンを切った理由について友人は「ガソリン代がもったいなく、蚊が入ってくると思った」「暑さで勝手に起きると思った」と取材に答えた。

 約6時間後の午後4時半すぎ、帰宅した友人の家族が少年の異変に気付き、友人が「意識と呼吸がない」と119番通報した。救急隊員が現場で少年の死亡を確認した。

 亡くなった少年の遺族によると、司法解剖の結果、死因は熱中症とされ、遺体からアルコールも検出された。7月11日の本島南部は気温が30度を超え、真夏日だった。死亡時刻は「11日昼頃」とされた。

 友人らは飲酒する様子などを動画に撮影し、琉球新報はその動画を入手した。アルコールの影響のためか、車内で寝ている少年も映っていた。

 県は9月2日、7~8月にかけて熱中症による死亡者が3人いたことを発表し注意喚起している。
 (古川峻)

【関連ニュース】

▼【識者談話】18歳が熱中症死 酩酊者の放置は危険

▼車内でも…熱中症で3人死亡 沖縄県が注意喚起

▼教員わいせつ、中3女子が1年後に命絶つ

▼高校生覚醒剤「スマホあれば薬物買える」元売人ら証言



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス