社会
沖縄の新型コロナウイルス最新情報

小中学校の秋休みを短縮 沖縄市と与那原町

 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、沖縄市と与那原町が17日までに小中学校の秋休みの短縮を決めた。緊急事態宣言に伴う臨時休校や夏休みの延長で実施できなかった授業時数を、秋休みの短縮で確保する考え。嘉手納町も短縮する方向という。

 沖縄市は当初、10月8~11日の4日間を秋休みとしていたが、短縮して9、10日のみを休みとする。与那原町は10月9~13日だった秋休みを、9~11日にする。

【関連ニュース】

▼【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況

▼若者はワクチンに後ろ向き?実際に聞いてみた

▼ランチでドライブで披露宴で…陽性者が急増する沖縄のコロナ感染7例

▼保護者「学校で感染ないか」回復児童「いじめ怖い」 教師は疲弊

▼「ブレークスルー」あってもワクチンは有効だ 医師が訴える理由

▼沖縄の接種なぜ最下位? 供給不足だけなのか

▼「陰性証明」メルカリで転売 沖縄観光で特典付き「ブルーパワーバンド」

▼「コロナかな?」と思ったら…行動チャート図



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス