経済
沖縄お仕事相談デスク

テレワークでモチベーションが低下した社員が増えています<沖縄お仕事相談デスク>



今回のお悩み

新型コロナウィルス感染症対策のためテレワークを導入していますが、モチベーションが低下した社員が増えています。

仕事がどこまで進んでいるのかも見えないので、どのようにフォローしたらいいのか悩んでいます。



 

今回の回答者は…

組織づくりならお任せ!

Cosmic Consulting代表で組織コンサルタントの

波上こずみさんです。

 



経営環境や雇用環境の変化に加えて、新型コロナウィルス感染症の影響もあり、沖縄県内でもテレワークを導入する企業が増えました。

オフィスに出勤せずに働くことができ、さらに育児や介護などで制約がある人材でも活躍できるというメリットがある一方で、コミュニケーションの機会が減ることによって情報共有がスムーズにできず、業務効率が落ちてしまうなどの問題が生じています。

また、社員同士で気軽に会話することができないため、悩みや課題を1人で抱え込んでモチベーションが低下してしまう人も増えているようです。

今回はリーダーに知ってほしい「テレワークにおけるチームづくりのポイント」についてご紹介します。



 

 

(1)目的や目標を何度も共有する

テレワークでは、職場で毎日顔を合わせながら仕事をするという環境とは違い、分からないことがあっても気軽に聞けない状況にあると思います。特に新規採用や社歴の浅い社員にとっては、自分が何をやればいいのかすら分からず、孤立している人は多いと思います。

そこで、リーダーとしてやるべきことは、今まで何となくみんなが理解していると思うことでも、できるだけ可視化して何度も共有することです。

仕事の指示や業務の進捗ももちろん大事ですが、最優先してほしいのは目的や目標を管理することです。

 ・私たちの業務は何のためにやっているのか

 ・どういう目標に向かっているのか

 ・チームや個人個人の役割は何なのか

 



 

 (2)チームや個人の成果を定義づけする

目標設定や目標管理と関連して取り組んでほしいことは、チームや個人の成果を定義することです。

オフィスに出勤して仕事をしていると、多かれ少なかれ上司やメンバーが業務管理に関わっているため、業務を共有したり助け合ったりしながらチーム単位で仕事がしやすい環境にあります。

ところがテレワークにおいては、誰かが業務のやり方を管理しているわけではありません。基本的には自分で仕事の優先順位を整理して、時間配分をしていく必要があります。



仕事の成果が曖昧なままだと、勤務時間帯にPCの前に座って、何となく気になる作業から手をつけてみるという効率の悪い働き方になってしまい、チームの成果にもダメージを与えてしまいます。

自己管理をしながら前向きに仕事を進めてもらうためには、オフィスで働いている時以上に、自分の仕事の成果を意識してもらう必要があります。

成果を出すためにどの仕事をどのように進めることが大事なのか、自分で分析して整理しながら仕事を進めてもらうのです。

皆さんのチームや個人の成果は何でしょうか。メンバーがそれを理解できていますか。

ぜひチームメンバー同士で自分たちの仕事の成果を定義づけしてみましょう。

 

(3)1 on1ミーティングなど対話の場を仕組みに入れる

目標管理を行うほかに、個人のマインドに手当てをすることがテレワーク環境では特に重要です。顔が見えない分、いつも以上に対話を増やすことで、困りごとや悩みごとを早めに発見してサポートしましょう。



そのためには「落ち着いたら話をしよう」という曖昧な約束ではなく、「毎月第3木曜日の10時から30分は1 on 1ミーティングの時間にしよう」というように、対話を仕組み化することをオススメします。その場は、指導や助言というよりも、できる限り部下の気持ちについて話を聞いてあげるというスタンスをとることです。

何も話題がないと思っていても、実際に対話の場を作ってみると意外と話が進むものです。まずは個別に話すことを習慣化してみましょう。

 

環境変化が激しい中、テレワークの普及はますます加速していくと考えられます。テレワーク導入によるメリットを上手く活用しつつ、課題は早めに手当てをして柔軟に適応しながら、チームにとっても個人にとっても働きやすい環境を実現しましょう。

◇執筆者プロフィル

波上こずみ(なみのうえ・こずみ)
Cosmic Consulting(コズミックコンサルティング)代表。組織コンサルタント

子育て・介護と仕事との両立に苦しんだ経験を踏まえ、2016年に起業。

「働く人のモチベーションを組織の活力へ!」をテーマに、沖縄の企業や個人を対象としたコンサルティングを手掛けている。
那覇市首里生まれ。1男1女の2児の育児中。

 楽しく働くためのコツ、チームで成果を上げるためのポイントなどを綴ったnote→ https://note.com/cosmic56



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス