地域
りゅうちゃんねる~あなたの疑問に応えます~

闘牛の階級どうして「歯の本数」なの? 実は「隠せない事実」があるから

 【うるま】「なぜ階級を歯の本数で分けるの?」。5日の本紙記事の闘牛審査会について、多数の読者から疑問が寄せられた。闘牛の資質を見る審査会では、大会デビュー前の若牛が永久歯2本以内と6本以内の2クラスに分けられる。どうして年齢ではないのか―。調べてみた。


永久歯4本の牛

 本紙で闘牛通信員を20年以上務める平川康宏さん(72)によると「歯の本数が年齢にぴったり比例するから」。牛の管理・異動履歴を把握するため「牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法」が2003年に制定された。それ以前は年齢が明確ではない個体も少なくなかったという。

 牛は生後間もなく乳歯が生え、段階的に永久歯に生え変わる。2カ月で永久歯が2本生え、24~30カ月で永久歯4本、30カ月~5年で永久歯6本になる。年齢はごまかせても歯はごまかせないのだ。

 元新聞記者の謝花勝一氏著『ウシ国沖縄・闘牛物語』(1989年発刊)によると、闘牛の審査会は1970年に具志川市から始まった。当時は「闘牛候補牛共進会」と呼ばれていた。開始時は永久歯6本以内で、現在のように2クラスに分かれたのは1994年から。82年からは石川市でも開催されている。

 平川さんは「牛に関わってない人からすると面白いかもね。私たちは伝統なので、歯で分けることに何の疑問も持たなかったけど」と笑った。

(新垣若菜)

 


▼年に1回開催!闘牛界の「ミスターコンテスト」

▼立ち見も!沖縄で盛り上がる闘牛 強いのはどんな牛?

▼自宅敷地に闘牛が…「モゥ~逃げません」 警察も出動、700キロ巨体確保

▼「マグロが海に落ちている」ドライブの夫婦が発見、素手で生け捕り

▼【写真・動画特集】可愛すぎ…「砂漠の天使」スナネコ姉妹



友だち追加

https://lin.ee/bSJH5lA

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス