社会

正月休み明け、コロナ検査に長蛇の列 那覇・国際通り

那覇中心部の国際通りでは検査待ちの人が長蛇の列をつくった=4日午前、那覇市松尾

 正月の連休明けとなった4日、新型コロナウイルスの感染が急拡大している沖縄では、感染がないか検査に向かう人たちの長い列ができた。

 那覇市中心部の国際通りにある民間検査場近くでは、抗原検査などを待つ人たちが歩道に列を作り、午前中から数十メートルに伸びた。

 県内では、3日の感染者が130人となり、前週の26倍と急拡大。年末年始の帰省や会合もあったため、社会活動が再開する4日以降は感染者がさらに増える可能性がある。

 


【関連ニュース】

▼【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況

▼オミクロン株、沖縄本島中南部で主流に 感染者1週間で26倍

▼オミクロン株2種同時流行か クラスター発生の沖縄米軍

▼それでもノーマスク米兵が街へ…「問題ない」

▼米軍の検疫、韓国とはこれだけ違う

▼ランチでドライブで披露宴で…陽性者が急増する沖縄のコロナ感染7例



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス