社会

沖縄コロナ1100人 人口比3位 1カ月ぶりにワースト脱する(1月27日午後)

 沖縄県は27日、新たに1100人(前日1256人)の新型コロナウイルス陽性を確認したと発表した。前週木曜日の1309人より209人少なかった。累計は7万9458人。

 前日時点での直近1週間の人口10万人当たり新規陽性者数は528.98で全国3位。1カ月ぶりにワーストを脱したが、依然として極めて高い数値になっている。1位は大阪府の554.43、2位は東京都の537.69。

 在沖米軍関係は190人の新規陽性者を確認したと報告があった。累計は9145人。

 病床使用率は66.1%%(前日63.8%)、重症者用の病床使用率は38.5%(前日37.6%)となった。

 県によると、26日時点で入院調整中の患者は1543人(前日1347人)、宿泊療養施設療養中は475人(同437人)、自宅療養中は7442人(同7777人)、療養中の患者の合計は9914人(同1万16人)で1万人を下回った。入院中は423人(前日410人)、重症は8人(同7人)だった。(いずれも速報値)

【関連ニュース】

▼【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況

▼沖縄コロナ第6波、18日をピークに減少 入院は30日まで増加か

▼沖縄の感染拡大「実態反映していない可能性」 厚労省会議・脇田座長 

▼沖縄のまん延防止、圏域別解除も 県立校は原則通常登校へ

▼沖縄コロナ、最大900人が「大阪の感染者」扱いに なぜ?

▼「陽性者、見つけた時には家族も…」オミクロン短すぎる潜伏期

▼ランチでドライブで披露宴で…沖縄のコロナ感染7例



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス