社会

警棒持っていた事実「判然とせず」公表遅れ 高校生眼球破裂、国会で警察庁が説明

夜中に投石などがあった騒動直後の沖縄署

 【東京】沖縄市で男子高校生が沖縄署の警察官と接触した後、眼球破裂などの重傷を負った件で、警察庁の緒方禎己生活安全局長は4日、警察官が事案発生時に警棒を持っていた事実を認めた上で、公表が遅れた理由について「事実関係が判然としていなかった」と説明した。二之湯智国家公安委員長は、この件に抗議する若者らが沖縄署前に殺到した騒動も含め「(事案の詳細を)明らかにする必要がある」との認識を示した。

 一連の事案に関して、中傷的な内容を含む悪質な書き込みがインターネット上で相次いでいることについて、松野博一官房長官は「仮に沖縄の方々の気持ちを傷つけるような投稿があるとすれば、それは決して容認されないものだ」と述べた。衆院内閣委員会での山岸一生氏(立憲民主)への答弁。

 緒方氏は、事案発生時に警察官が警棒を持っていたかどうかについて「事実関係が判然としていなかったため、確認中と説明していた」とした。一連の事案について県警の見解が遅れている理由について、客観的資料が乏しい点や、高校生への事情聴取が困難な点を上げ「現時点で、必ずしもその全容について明らかにはなっていない」との認識を示した。 (安里洋輔)


 

【関連ニュース】

▼「絶対にやめて」沖縄署騒ぎ、再結集の動きに負傷者の友人ら訴え

▼「一瞬のことで分からない」沖縄署の警官、故意は否定 高校生重傷

▼沖縄署騒ぎ ネットにヘイトやデマ「中国人しかやらない」

▼【沖縄署は…】両者に聞き取り中。公務執行妨害で捜査も

▼沖縄署騒ぎ 親族の訴える動画5万回再生 SNSで参加呼びかけ拡散

▼【動画】若者ら数百人、深夜の沖縄署囲み騒然 眼球破裂は「警官暴行か」情報拡散

▼沖縄署騒ぎ 怒号や爆竹、通過の車に投石も

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス