社会

沖縄721人コロナ陽性、11日ぶりに700人超え、今月2番目(2月15日午後)

  沖縄県は15日、新型コロナウイルスの新規陽性者が721人(前日286人)だったと発表した。前週火曜日の682人より39人増加に転じた。700人を超えたのは今月4日以来11日ぶりで、今月に入ってからは2日の784人に次いで2番目に多い。感染者の累計は9万1714人。

クラスター3例も発表した。

【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況

 米軍関係者の新規陽性者は18人(前日34人)と報告があった。累計は1万313人。

 県内の前日時点での直近1週間の人口10万人当たり新規陽性者数は261.73人で全国22位。全国平均は476.06。

 1位の大阪府は1033.09と依然1000人を超えている。2位は東京都の781.05、3位は兵庫県で 646.22。

 病床使用率は48.0%(前日51.5%)、重症者用の病床使用率は25.7%(同28.4%)。

 入院調整中の患者は691人(前日456人)、宿泊施設療養中は406人(同418人)、自宅療養中は3587人(同3707人)、入院中は307人(同329人)で、そのうち重症は4人(前日5人)だった。療養中の患者の合計は5042人(同4947人)と再び5000人を超えた。(いずれも速報値)


【関連記事】

▼沖縄「まん延防止」20日解除でほぼ一致

▼「神の島」久高島で入島自粛を呼び掛け 祝い事で濃厚接触が急増

▼3連休後に再び増加も…沖縄県が警戒

▼毎日飲酒するとワクチン抗体量低下 飲まない人の2.34倍

▼ランチでドライブで披露宴で…沖縄のコロナ感染7例



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス