社会

沖縄の救急外来、パンク寸前…高止まりのコロナ感染、受診者急増 医療関係者「連休持ちこたえられるか」

診察まで「5時間待ち」と掲示している=4月29日、南風原町の南部医療センター・こども医療センター

 新型コロナ感染者の増加に比例して4月中旬から救急外来の受診者が急増している。発熱やせき、咽頭痛と多くは軽い症状で、中にはPCR検査だけを希望する人もいるという。医療現場は職員の感染や濃厚接触で欠勤者が増えており、人員不足に陥っている。医療従事者らは「必死で対応しているが、ひっ迫する期間が長すぎる。大型連休を持ちこたえられるか」と、不安と徒労感を抱きながら対応に奔走している。

 沖縄県南風原町の南部医療センター・こども医療センターは受診まで5時間待ちの状況で、ホームページにも掲示している。それでも連日、受診者が途絶えない。

 駐車場に並ぶ車の中では、倒したシートに横たわり、受診を待ち続ける人の姿がある。

 同センターの救急外来受診者は通常60~70人ほどだが、4月半ばからは平日は百人を超え、土日は従来の倍以上の170人に上る。約6割が小児。オミクロン株が流行した第6波以後は多くが発熱やせきなどの軽症者だ。

 同センターは交通事故や心筋梗塞など重篤な患者も受け入れる3次救急医療機関だが、軽症者が殺到することで「早期に治療が必要な人への介入が遅れる恐れがある」と、センターの土屋洋之医師は語る。

 施設外で治療の優先順位を判断するトリアージの作業や防護具の着脱などが感染対策上必要。「体感的に手間はインフルエンザの倍以上」で、診察まで時間がかかる。

 医療従事者の欠勤で周辺医療機関の救急が一部制限される現状も、患者が集中している一因だ。

 「救急医療は止めない」を使命として奮闘しているが、土屋医師は「現場の疲労感が高まっている」と漏らす。

 県立中部病院でも同様に救急救命センターがひっ迫しているため、看護師を増員する代わりに4月25日から5月6日まで外来診療を電話診療に切り替えた。

(嘉陽拓也)


【関連記事】

▼GW中に熱が出たら…沖縄県が発熱外来33施設を公表 コールセンターや電話相談も

▼子どものコロナ感染…受診のポイントは 初めてけいれん、苦しそうな呼吸

▼ひと目で分かる沖縄の新型コロナ最新情報

▼連休中、まん延防止見送り 玉城沖縄知事「感染防止行動を」

▼妊婦コロナ感染急増 4月345人 月別で最多、周産期医療は綱渡り

▼12歳の4人に小児用を誤接種 体調に問題なし コロナワクチンで那覇市



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス