社会

GW中に熱が出たら…沖縄県が発熱外来33施設を公表 コールセンターや電話相談も

 沖縄県は26日、大型連休中に発熱外来を受け付けるクリニックなど医療機関一覧をホームページ上で公表した。多くの医療機関が休診となるため、救急病院に患者が集中することを避ける目的がある。連休中も発熱外来を受け付けるのは33施設(26日時点)。

▼【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況 

 県は発熱やせきなどの症状がある時は、コールセンター(電話)098(866)2129に問い合わせて受診の可否を判断した上で、医療機関に電話して受診予約することを推奨している。

 休日夜間に子どもが急に体調が変化した場合は「こども医療でんわ相談(#8000)」への問い合わせを呼び掛けた。

 感染者と接触した人が無料で検査を受けられる「県接触者PCR検査センター」のうち、南部会場は5月1~8日の間、糸満市の糸満漁港北地区に変更する。

 医療機関についてはhttps://www.pref.okinawa.lg.jp/site/hoken/kansen-iryou/taisei/20220423gw.htmlから確認できる。
 (知念征尚)


【関連記事】

▼名護市長ら北部3首長がコロナ感染、上京中に10人で飲食、前首相らと面会も

▼沖縄コロナ累計、県総人口の1割超 東京や大阪を上回り比率で全国一

▼【深掘り】沖縄県が「まん延防止」に慎重な理由は?大型連休前に問われる対応

▼沖縄本島にコロナ拡大警報 大型連休前「重要な時期」

▼子どもへのワクチン接種に迷ったら…医師の見解



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス