経済

那覇空港国際線、6月から受け入れ再開 20年3月以来

那覇空港国際線ターミナルビル

 新型コロナウイルス感染症の影響で2020年3月から全便運休が続いている那覇空港の国際線について、岸田文雄首相は26日、6月中に受け入れを再開する方針を表明した。

 国際線の受け入れは現在、成田、羽田、関西、中部、福岡の5空港に限られているが、6月から那覇と新千歳を追加する。

 6月10日から訪日外国人観光客の受け入れを再開する方針も表明した。当面は旅行代理店などを受け入れ責任者とする添乗員同行のパッケージツアーに限定する。


【関連記事】

▼【深掘り】那覇空港の国際線、再開はいつ?検疫人員は数倍必要…受け入れ体制に課題

▼沖縄-韓国路線、再開準備へ意欲 大韓航空常務「夏ごろに期待」

▼「台湾の沖縄ファン、空路再開待ち遠しい」那覇処長を退任の范氏、検疫整備を求める

▼【独自】中華航空が沖縄線再開へ 来年、1日4往復計画

▼那覇空港国際線、6月から受け入れ再開 20年3月以来



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス