政治

中谷防衛相、不服審査請求提出へ 県への対抗措置

 【東京】中谷元・防衛相は13日の閣議後会見で、翁長雄志知事が米軍普天間飛行場の辺野古移設に向けた埋め立て承認を取り消したことに対し「沖縄防衛局から公有水面埋立法の所管大臣である国交相に、知事による埋め立て承認の取り消しは違法であり、(知事の効力は)取り消されるべきであるとの審査請求と執行停止申し立てを速やかに行う」と述べ、近く公有水面埋立法を所管する国交相に不服審査請求と、知事の権限を停止する「執行停止申立書」を提出する考えを示した。

 中谷氏は翁長知事が埋め立て承認を取り消したことについて「これまでの説明に理解を頂けなかったということであり、誠に残念に思う。防衛省としては一昨年末の埋め立て承認には瑕疵(かし)がなく取り消し処分は違法であるとの立場に揺るぎはない」と述べた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス