社会

指定暴力団に旭琉会を再指定 沖縄県警 暴対法を適用

指定暴力団旭琉会の本部=北中城村

 沖縄県公安委員会(阿波連光委員長)は17日、暴力団対策法に基づき旭琉会(北中城村、約230人)を指定暴力団とすることを決め、同日付の官報に記載した。11回目の指定となり、期間は6月26日から3年間、暴対法の適用を受ける。

 関係者によると、2019年7月に旭琉会の富永清会長が亡くなったことを受け、19年12月、北中城村へ本部を移転。二代目照屋一家の永山克博総長を代表に置き、組織固めを進めているとみられる。

【関連ニュース】

▼<沖縄の闇社会を追う1>「桜を見る会」に現れた半グレと業界再編

▼<沖縄の闇社会を追う2>「桜を見る会」半グレ参加のカラクリ 解散・実刑の先には…

▼旭琉会抗争30年、凶弾の行方と「勝者」の独白…

▼【動画】半グレら無許可で食べ放題店 数千万円を荒稼ぎか

▼沖縄の指定暴力団「旭琉会」が新体制 幹部人事を刷新 抗争発生の懸念続く



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス