社会

「国際反戦デー」 那覇でデモ行進

「辺野古新基地建設を阻止しよう」と決意を新たにした参加者ら=21日夜、那覇市

 10・21国際反戦デー沖縄県集会(沖縄平和運動センター主催)が21日午後6時から那覇市泉崎の県民広場で開かれた。県内の労働組合の組合員らを中心に多くの市民が参加。安倍政権が名護市辺野古への新基地建設を強行しようとしていることなどに対し「新基地建設は許さない」と怒りの声を上げ、安全保障関連法制の廃止も訴えた。

 同集会は毎年、国際反戦デーの10月21日に開催。1995年に発生した米兵による少女乱暴事件を受け、開催された県民総決起大会から20年になることも踏まえて、県民の要望が実現していないことについても抗議の声を上げた。
 決意表明あいさつで平和市民連絡会の真喜志好一代表世話人は、辺野古移設に関し、沖縄防衛局が設置した環境監視等委員会の委員が環境影響評価を実施したコンサルタントから寄付を得ていたことを強調。「中立性が疑われていることで、翁長雄志知事は埋め立て承認の取り消しだけでなく、撤回もできる。知事には承認撤回もしてほしい」と訴えた。
 集会後には参加者で国際通りをデモ行進を実施した。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス