エンタメ

安室奈美恵さん引退から4年 ファンが「聖地」宜野湾に集う 市立体育館でハートポスト

安室奈美恵さんの引退日に合わせて福岡から訪れた夫婦=16日、宜野湾市真志喜の市立体育館

 【宜野湾】沖縄県出身の歌姫・安室奈美恵さんが宜野湾市内で最後のライブを終え引退してから、16日で4年を迎えた。市と市観光振興協会、日本郵便沖縄支社は同日、「宜野湾ハート♡プロジェクト」の一環として、安室さんの「♡(ハート)ポスト」に投函(とうかん)されたはがきに、安室さんが描かれた消印が付くサービスを市立体育館で実施した。2019年以来、3年ぶりの開催。引退の日に合わせて県内外のファンが訪れ、安室さんの思い出に浸った。

 「安室ちゃんには感謝しかない」。ファン同士で結婚した夫婦は、引退の日に合わせて福岡県から来た。妻は「安室ちゃんの歌に支えられた。とにかく幸せに生きてほしい」と安室さん愛があふれた。♡ポストは普段、市大山の宜野湾マリン支援センターに設置している。毎週水曜日に郵便物を回収するため、引退日の9月16日に消印が押印されないことから今回のイベントを企画した。

 市観光振興協会によると、宜野湾♡プロジェクトは来年9月15日まで延長する。同協会の高里健作会長は「引退されてもファンの心の中に残り続けている。多くの人からプロジェクトを続けてほしいという強い希望がある。気持ちに応えたい」と述べた。

(名嘉一心)

【関連記事】

▼安室さんのキャラグッズを沖縄県内のセブンで限定販売

▼安室奈美恵さん、紺綬褒章を受章「多額の私財を寄付」

▼安室奈美恵、DA PUMP、三浦大知 平成の音楽シーンに旋風を巻き起こしたアーティスト

▼「ファンと寄り添えたなら嬉しい」 安室奈美恵さんが引退(2018年9月)

▼〝安室愛〟ネバー・エンド ラストステージにあふれるファン数万人



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス