社会

安室奈美恵さん、紺綬褒章を受章「多額の私財を寄付」

現役時代の安室奈美恵さん

 2018年9月に引退した元歌手の安室奈美恵さん(43)=那覇市出身=が紺綬褒章を受章していたことが13日までに分かった。9日付の官報で発表された。

 官報によると、安室さんは「公益のため多額の私財を寄付した」として、6月30日に紺綬褒章と賞杯を受けた。安室さんのほか7人が受章した。

 内閣府賞勲局によると、紺綬褒章は公益のために500万円以上の私財を寄付した個人や団体を対象とする褒章制度。国や地方公共団体、公益団体への寄付が対象になる。表彰されるべき事績がある度に、各府省などの推薦に基づき審査し授与しているという。

 安室さんは沖縄のタレント養成学校「沖縄アクターズスクール」出身で、1992年、スーパーモンキーズの一員として芸能界デビューし、歌手として活躍した。1997年のレコード大賞を受賞した「CAN YOU CELEBRATE?」など多くのヒットを重ねた。歌声やダンスパフォーマンスだけでなく、ライフスタイルも幅広い世代に大きな影響を与えた。2018年9月16日に引退した。同年5月には県民栄誉賞を授与された。

【関連ニュース】

【写真特集】沖縄出身のNHK朝ドラ女優たち 毎朝の思い出とともに

【写真8枚】おめでとう!ガッキー 10代からの秘蔵写真

▼安室奈美恵、DA PUMP、旋風を巻き起こした沖縄アクターズスクールのアーティスト

▼【写真特集】この人も?沖縄出身の女優たち ガッキー、玉城ティナ…

▼【#慰霊の日に聴きたい歌】強かったあの名曲 ISSAさんオススメの1曲は?



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス