社会

沖縄県内でデング熱患者、3年ぶりに発生 輸入感染例の可能性

那覇市保健所

 那覇市保健所は21日、市内在住の50代男性1人がデング熱に感染したと発表した。市保健所によると、県内のデング熱患者発生は2019年に10例が報告されて以来、3年ぶり。積極的疫学調査の結果、海外での滞在歴などから輸入感染例の可能性が疑われるという。

 市保健所は「市内でデング熱の感染が拡大するリスクは低い」とした上で、蚊に刺されない、蚊を増やさない対策の徹底を呼び掛けている。

 患者は9月4~14日にネパールへ渡航し、蚊に刺された。16日に発症し、20日にデング熱と診断された。同日から入院し、容体は安定している。デング熱は蚊が媒介し、人から人には感染しない。発熱や頭痛などの症状が現れ、まれに重症化する。 (伊佐尚記)


【関連記事】

▼沖縄、梅毒感染が最多ペース 22年9月時点、81人感染で過去2番目の多さ

▼5月には手足口病が増加、沖縄で流行警報 6年ぶりに発令

▼ネズミ媒介?レプトスピラ症、宮古地域で初確認 腎機能障害も「農作業中は手袋や長靴を」

▼新たな変異株「ケンタウロス」初確認



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス