経済
沖縄経済ニュース

大宜味産シークヮーサー×伊江産ラムの「オーギミラブ」 歓迎ドリンクで観光客もてなしを フードリボンら年内商品化

「オーギミラブ」をPRする沖縄国際大の学生ら=22日、那覇市のパレットくもじ前

 食品関連開発・販売のフードリボン(大宜味村)と伊江島物産センター(伊江村)はこのほど、大宜味産シークヮーサーと伊江島産サトウキビを使ったオリジナルドリンク「オーギミラブ」をウエルカムドリンクとして広げる取り組みを始めた。「シークヮーサーの日」の22日、那覇市のパレットくもじ前で、取り組みを支援する沖縄国際大の学生らが無料でドリンクをふる舞いPRした。

 大宜味産シークヮーサーと伊江島のサトウキビが原料のラム「イエラムサンタマリア」を使用。ノンアルコールの同名ドリンクと併せて年内の商品化を目指し、沖縄の訪問客へのウエルカムドリンクとして周知する。商品名は英語の「Oh Give Me Love」の発音と「大宜味」をもじった。

 11月に県内で開催される全国社交飲食業代表者沖縄大会でも採用が決まっているという。フードリボン循環推進部の儀間麻衣マネジャーは「広域連携で沖縄全体を巻き込んで、県民が勧められるドリンクにしていきたい」と語った。

(當山幸都)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス