政治
那覇市長選2022

城間市長、自公が推薦する知念氏の支持表明 那覇市長選 「私は保守中道」

那覇市長選に立候補を予定する前副市長の知念覚氏(左)と握手を交わす城間幹子市長=12日午後6時10分、那覇市おもろまち(大城直也撮影)

 23日投開票の那覇市長選で、城間幹子市長は12日、立候補を表明している前副市長の知念覚氏(59)=自民、公明推薦=の後援会事務所を訪れ、知念氏を支持すると表明した。城間氏は「オール沖縄」の支援を受けて当選し、今回の市長選でもオール沖縄が擁立する翁長雄治氏の選対共同代表就任を求められていたが、断った形となった。

 ▼【動画あり】翁長氏、知念氏が論戦 那覇市長選立候補予定者座談会

 自公推薦の候補を応援することで、オール沖縄側から批判される可能性については「私は2期8年間、翁長雄志前市長からバトンを受け継いで那覇市政を発展させ、市民の皆さまにご理解いただけた。それが私のやるべきことだった。恩返しができたんじゃないか」と述べた。

 政治姿勢の変化ではないか、という質問には「私はスタート地点から真ん中、保守中道だ。私自身は変節していない。皆さまがオール沖縄対自公の構図をつくった。選挙なのでそうなると市民も分かりやすいと思うが、その構図ではない中で市政運営はなされている」とした。

【関連記事】

▼那覇市長選「動かないのもおかしい」 城間市長、どの候補を応援するか問われ

▼7万5000票が当選の目安に<データで見る那覇市長選>

▼投票率上昇なるか 前回2018年は48.19% 那覇市長選

▼那覇市長選に立候補予定の2氏、豊見城市長選の応援でも舌戦

>>那覇市長選のニュースはこちら




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス