社会

女児エスカレーター転落、サンエー「再発防止策を検討」 イオン、リウボウなど大型店舗でも点検相次ぐ

女児が転落したとみられる4階に差し掛かるエスカレーターの手すりと幅21センチほどの隙間=21日、浦添市のサンエー浦添西海岸パルコシティ

 サンエー浦添西海岸パルコシティで、上りエスカレーターに乗っていた女児(7)が4階付近から1階に転落した事故を受け、サンエー本社は23日、大型店を中心にエスカレーターの点検を実施した。広報担当者は「全店舗の現状を把握した上で、再発防止策を検討する」としている。

「悲鳴が聞こえた」 20センチの隙間から女児転落

 イオンやデパートリウボウでも運営会社がエスカレーターなどに危険箇所がないか点検した。

 イオン琉球はエスカレーターの隙間には落下物防止の柵や網を設置している。同社広報は「人というより、物が落ちてくることを想定している。全てのエスカレーターに何らかの柵があることを確認した」と話した。

 デパートリウボウを運営するリウボウインダストリーも22日、エスカレーターと階段を目視で確認。エスカレーターには転落につながるようなスペースがないとした。  (玉城江梨子)


【関連記事】

▼客の7歳転落、重体 沖縄・浦添パルコ 4階から1階に エスカレーターと壁の隙間から

▼5歳児がプールで溺れ意識不明 母親が水中から引き上げる 石垣市のコテージ

▼鉄板の炎が引火し親子がやけど、マニュアルに違反か ステーキ店でのパフォーマンス

▼沖縄で人気のダイビングスポット「アポガマ」で今年3人死亡 「泳ぐな危険」の看板設置

▼横断中の6歳児が車と接触しけが ひき逃げ事件として運転手の行方追う




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス