社会

沖縄にも寒波 半日で一気に6度低下 深夜20度→午後13.6度、強風も 国頭・奥で最低気温9.7度

寒そうにしながら交差点を渡る人たち=24日午後0時20分、那覇市久茂地(小川昌宏撮影)

 気象庁によると、沖縄地方は24日、大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気の影響で曇り、冷え込みが強まっている。所によっては弱い雨が降っている。

 ▼「夏日のクリスマス」もある沖縄 実は意外と寒いその理由

 気象庁によると、24日の那覇市の気温は午前1時に20度だったが、午前4時以降時間と共に下がり始め、午後3時には13.6度と約半日で一気に6.4度下がった。久茂地の交差点では、厚手の格好で身をかがめながら歩く人々の姿が見られた。

 国頭村奥では午後3時に9.7度の最低気温を記録。前日比で6・8度低くなった。

 風も強く、与那国町所野では午前11時45分、最大瞬間風速が27・3メートルとなるなど4地点で1月の観測史上最大となった。

▼ピンク色のコスモスが満開 沖縄もきょうから冷え込み予想…あすは最低気温9度予想

▼1月だけど…半袖でタンカン狩り 沖縄地方暖かく、下地島で26度

▼【写真】「きれいだけど…少し不気味」渡名喜島の空、青色とオレンジ色の真っ二つに

▼チンパンジーも「寒いよ~」 沖縄地方も冷え込み

▼【図でわかる】猛烈な雨はなぜ起こった?発生のメカニズムを気象台に聞いた




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス