「きれいだけど…少し不気味」渡名喜島の空、青色とオレンジ色の真っ二つに 気象現象「反薄明光線」


社会
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
青色とオレンジ色の不思議な空=沖縄県渡名喜村、8月31日午後7時ごろ

 【渡名喜】台風11号が接近していた8月31日の午後7時ごろ、渡名喜では不思議な空が現れた。

 空を真っ二つにしたような青色とオレンジ色の空。これは太陽が雲に隠れている時、雲の切れ間あるいは端から光が漏れ、太陽と正反対の方向に光線の柱が放射状に収束して見える「反薄明光線」と呼ばれる現象だ。

 空を見ていた島民は「似たような空は見たことあるが、ここまではっきり分かれている空は初めて見た。きれいだけど少し不気味な感じがする。台風の被害がなければいいが」と少し心配そうな顔をしていた。

(清水久乃通信員)

【関連記事】

▼沖縄でまっすぐの虹?  県庁上空で「環水平アーク」現象

▼沖縄にもあった!ウユニ塩湖のような風景

▼「いいことがありそう」 虹色「龍神彩雲」大宜味の空を彩る

▼「まるで銀河鉄道999」光の架け橋、石垣島の夜空に

▼朝焼けの海に「幻の島」浮かぶ 沖縄・渡嘉敷島から見えた光景