那覇―北京線が来月17日に再開 中国国際航空が週2往復 3年7カ月ぶり運航、団体客の誘致も


この記事を書いた人 琉球新報社
9月17日から北京―那覇線を3年7カ月ぶりに就航する中国国際航空の機体(提供)

 中国国際航空が9月17日から、3年7カ月ぶりに那覇-北京線を再開する。週2日、1往復ずつ運航する。同路線は2020年2月まで運航していたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で休止していた。

 座席数は158席。機体は北京を午後0時半に出発し、午後5時に那覇に着く。その後那覇を午後6時に出て、北京に同8時45分に着く。飛行時間は約3時間半。

 中国国際航空沖縄支店の担当者によると、玉城デニー知事が訪中時に直行便の運航再開を求めたことや、中国政府が団体旅行を10日に解禁したことなどを受け、9月中旬からの那覇-北京線の再開を決めた。

 同社は、コロナ禍以前は那覇-天津、那覇-重慶も就航していた。那覇と中国本土を結ぶ路線は7月に再開した中国東方航空の那覇-上海に続き2路線目となる。