政治

防衛局、道路付け替えを否定 「仮設」に隣接 辺野古新基地

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に関し、沖縄防衛局が「仮設道路付け替え」の名目で、前知事から本体工事の設計変更承認を受けた仮設道路と隣接する場所で別の道路建設を計画していることについて、同局は11日、工事予定地付近で現在行っている作業は「仮設道路付け替え工事には当たらない」と琉球新報に説明した。

県は仮設道路の「付け替え」工事についても、仮設道路建設と同様に、着工前には県から設計変更の承認を得る必要があると指摘しており、現在防衛局が行っている作業が仮設道路付け替え工事かどうかを同局に照会している。
 現在防衛局が作業を行っている地点は米軍キャンプ・シュワブ内の大浦湾沿い。防衛局は琉球新報に、同地点は「仮設道路付け替え工事が予定されている箇所の付近」だと認めた。一方、この地点で「一時的にパネルを敷設しているが、これは仮設道路付け替え工事には当たらない」と回答した。「各種作業の安全性と効率性を確保するため」、地面に鉄板や硬質プラスチックを敷いているとした。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス