社会

目取真さん釈放 那覇地検が処分保留

釈放後、集まった市民らを前に心境を語る目取真俊さん=2日夜、沖縄市海邦町の中城海上保安部前

 第11管区海上保安本部は2日、1日に名護市辺野古沖からフロート(浮具)を越えて米軍キャンプ・シュワブの制限区域に許可なく入ったとして、刑事特別法違反(施設または区域を侵す罪)の容疑で逮捕した芥川賞作家・目取真俊さん(55)を那覇地検に送致した。那覇地検は2日午後7時15分、目取真さんを処分保留で釈放した。釈放後、目取真さんは自身の逮捕について「異常な状態だ。通過しようとしただけで侵入する意図はなかった」と語った。

 目取真さんは1日、名護市辺野古への新基地建設に抗議するため、カヌーに乗り、辺野古沖合での抗議活動を行っていた。
 米海兵隊の軍警備員は午前9時20分ごろ、立ち入りが制限される区域に入ったとして目取真さんを拘束。米海兵隊が目取真さんの身柄を約8時間にわたって基地内で拘束した。
 身柄引き渡しを受けた中城海上保安部が同日午後5時22分に緊急逮捕していた。
英文へ→Okinawan novelist released after being held for 8 hours in US military base









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス