キングス、後半に爆発 90―67でニュータイペイキングスに勝利 EASLグループリーグ戦を3勝3敗で終える


キングス、後半に爆発 90―67でニュータイペイキングスに勝利 EASLグループリーグ戦を3勝3敗で終える 琉球ゴールデンキングス-ニュータイペイキングス 第4Q、ドリブルで切り込むキングスの岸本隆一=24日、沖縄市の沖縄アリーナ(大城直也撮影)
この記事を書いた人 琉球新報社

 男子プロバスケットボールの東アジアスーパーリーグ(EASL)は24日、日本とフィリピンで行われた。琉球ゴールデンキングスは沖縄市の沖縄アリーナでニュータイペイキングス(台湾)と対戦し、90―67で勝利した。

 前半立ち上がりに松脇圭志の3点弾から10連続得点でリードを奪ったキングス。しかし、ニュータイペイも3点弾を連発し、35―40で折り返す。後半に入るとキングスは激しい守備でニュータイペイの得点を止めた。今村佳太や松脇の連続3点弾で流れをつかんだ。その後もパス回しから得点を重ねるなどチーム全体の動きもよく、そのまま逃げ切った。

 グループBの琉球ゴールデンキングスは、リーグ最終戦の勝利により3勝3敗でグループステージを終えた。4チームで争う決勝トーナメントに進めるかどうかは、2試合を残しているソウルSKナイツ(韓国)の結果を待つことになる。