政治

「基地建設、より困難に」米に伝達へ 知事、あすワシントン入り

ワシントンDC入り前日に、米議員との面談について説明する翁長雄志知事=13日夜(現地時間)、カナダのバンクーバー

 【バンクーバー13日=当銘寿夫】10月の「第6回世界のウチナーンチュ大会」への参加を呼び掛ける県の「北米キャラバン隊」でカナダのバンクーバーにいる翁長雄志知事は14日午後(日本時間15日午前)、最後の目的地米国のワシントンDCに入る。キャラバン隊日程終了後の16日(同17日)以降、米上下議員約10人と面談する方向で調整している。取材陣に対し、翁長知事は「私の承認取り消しや、国との裁判で国に工事をやめるよう和解勧告が出たことなど、この1年の経緯を伝える。(前回面談時より)余計に新基地建設はできなくなっていることを伝えたい」と語った。

 翁長知事は本年度当初予算に訪米費用を盛り込んでいることを挙げ、「国地方係争処理委員会や高裁、最高裁がいつ終わるか見極めながら、今回とは別に重要な時期にもう一度必ずワシントンに行く」と本年度内に再訪米することを明言した。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス