社会

「負きらんどー!」と博治さんらにエール 辺野古新基地建設

「頑張ろう」と気勢を上げる市民=27日午前9時24分、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、県警は27日午前9時ごろから、米軍キャンプ・シュワブゲート前で座り込む市民を排除した。その後、パワーショベルを積んだ工事車両複数台が基地内に入った。ゲート前では市民ら約90人が歌を歌うなどして、座り込んだ。
 長期拘留されている沖縄平和運動センター議長の山城博治さんらを応援しようと、米軍実弾演習阻止闘争の時に歌われた「喜瀬武原」を参加者で熱唱した。市民は「健康にして、負きらんどー!」「頑張ろう」と声をそろえた。


大浦湾にコンクリートブロックを投下するクレーン船=27日午前9時55分ごろ、名護市の大浦湾

 一方、大浦湾では午前10時時点で大型クレーン船がコンクリートブロック1個を投下した。新基地建設に反対する市民らはカヌー12艇と抗議船3隻で工事の様子を監視している。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス