社会

思いやり、想像力育んで こども映画祭開幕 3作品上映

開幕を宣言した「第4回こども国際映画祭in沖縄(KIFFO)2017」の子どもスタッフら=25日、那覇市若狭公民館

 子どもたちが審査員やスタッフとして運営に関わる「第4回こども国際映画祭in沖縄(KIFFO、キフォー)2017」(同実行委員会主催)が25日、那覇市若狭公民館で開幕した。「映画はココロの栄養だ」をモットーに子どもたちの思いやりの心や想像力を育むのが狙い。

 開会式で映画祭ディレクターの宮平貴子さんは「人はどのように生きていくか。子どもも大人も映画を見て感じてほしい」とあいさつした。

 「こども審査員」の副審査員長を務める玉城琴菜さん(13)=神原中2年=は「納得できる最高のグランプリを決めたい」と意気込んだ。作品は大阪市の釜ヶ崎にある子どもたちが集う場「こどもの里」を記録した「さとにきたらええやん」(日本)、9歳の都会っ子がノルウェー北部の漁村で子どもたちに受け継がれているタラの舌きりの仕事を扱った「タングカッター-僕らのこづかい稼ぎ-」(ノルウェー)、究極のエコロジーな生活を送る家族に1年間密着した「地球にやさしい生活」(米国)の3本。

 26日は午前9時半から「さとにきたらええやん」、午後0時半から「タングカッター-僕らのこづかい稼ぎ-」、午後2時半から「地球にやさしい生活」が上映。こども審査員によるグランプリ発表は午後4時10分を予定している。詳細はKIFFO公式ホームページhttp://www.kiffo.kukuruvision.com/
 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス