経済

泡盛、パッション、シークヮーサー…6種の〝沖縄〟味わうコラボチョコ、洋菓子3社が開発

県産素材を活用したチョコレート「リュウキュウピラミッド」

 洋菓子店のパティスリーアッシュユウジ(沖縄県宜野湾市)、ル・パティシエ・ジョーギ(那覇市)、プチスウィート(中城村)が協力して、県産素材を活用したチョコレート「リュウキュウピラミッド」を開発した。1日から、それぞれの店舗で販売している。6個入りで価格は税込み1950円。

 リュウキュウ―は県産素材をチョコレートに練り込むことにこだわって作られた。味は泡盛の「北谷長老」「請福」「松藤」のほか、お酒の入っていないパッションフルーツとシークヮーサー、粟国の塩がある。

 ル・パティシエ・ジョーギの平安名常儀氏は「沖縄の素材を生かしてチョコレートを作りたかった。沖縄の新たなお土産として売り出したい」と話した。