社会

K2、4で護岸造成続く 辺野古新基地建設

砕石を投下するK2護岸造成工事に海上で抗議する市民=10日午前10時すぎ、名護市の辺野古沖

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で10日午前、辺野古崎南側のK4、K2の両護岸でクレーンを使って砕石を投下するなど、護岸を延ばす作業が続いた。
 新基地に反対する市民らがカヌー13艇と抗議船で監視行動を展開し、工事に対して抗議の声を上げた。カヌーで浮具(フロート)を乗り越えて抗議した市民が、海上保安官に一時拘束された。【琉球新報電子版】