政治

那覇市長選、県議の翁長氏出馬へ 自民が擁立の方針

翁長政俊氏

 10月21日投開票の沖縄県那覇市長選で、自民党県連沖縄1区支部などでつくる選考委員会(山川典二委員長)は6日までに、県連会長代行で県議の翁長政俊氏(69)を擁立する方針を固めた。8日の幹事会と選考委員会で正式に決定する。関係者によると、翁長氏本人も選考委の聞き取りに意欲を示しており、受諾する見通し。

 一部では県議の西銘啓史郎氏(60)を推す声もあり、西銘氏本人も出馬に意欲を示していたが、政治経験が豊富な翁長氏で候補者一本化を進める。選考委員会は4月28日に発足し、候補に挙がった15人から選考を進めてきた。委員会は候補者への聞き取りなどを通し、翁長、西銘両氏の他に経済関係者、元市幹部ら計5人まで絞り込んだ上で、翁長氏の擁立を固めた。

 翁長氏は那覇市議を経て1996年に県議初当選。現在5期目。2004年には参院選沖縄選挙区に自民党公認で出馬し、落選した。2012年から13年まで自民党県連会長を務めた。

 一方、市政与党では現職の城間幹子氏(67)を擁立する方針を固めている。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス