社会

「強い憤りを禁じ得ない」 玉城知事、土砂投入に怒り 名護市辺野古の新基地建設 「官房長官、防衛相に投入やめるよう申し入れたにもかかわらず…」

土砂投入通知日を迎え、険しい表情で記者団の質問に答える玉城デニー知事=14日午前9時ごろ、県庁

 沖縄防衛局が名護市辺野古の新基地建設を進めるため、埋め立て予定海域への土砂投入を14日に開始することに関して、玉城デニー知事は同日午前、県庁で記者団に「強い憤りを禁じ得ない」と述べた。

 玉城知事は「昨日、菅(義偉)官房長官と(岩屋毅)防衛相と会い、土砂投入をやめるよう申し入れた」と指摘。その上で「(それ)にもかかわらず、予定ありきで県民の民意を無視して進められる工事に強い憤りを禁じ得ない」と語気を強めた。

 玉城知事は幹部会議を開き、対応を協議する。

 知事自身が辺野古入りすることも検討する。【琉球新報電子版】