政治

辺野古 土砂割合変更 県の承認「必要ない」 防衛省が説明

 【東京】名護市辺野古の新基地建設を巡り、防衛省が県に申請した内容と異なる割合の埋め立て用土砂を投入しているとの指摘に関し、同省の担当者は25日の国会内での野党国会議員に対する説明で「県の承認を必要とするものではない」と述べた。

 説明を受けた議員らは、防衛省の埋め立て申請時の文書の記載と整合しないとして「県が納得できる材料が提供されていない」と批判を強めた。