社会

早朝ゲートに響く「工事やめろ」 政府新たな区域に土砂投入へ 市民ら名護市辺野古のゲート前で怒りの抗議行動

座り込み現場に設置された抗議1723日と書かれた看板=25日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、政府が新たな埋め立て区域に土砂を投入する予定の25日午前、建設に反対する市民らは米軍キャンプ・シュワブのゲート前で抗議している。

 市民らは午前5時から抗議を始め、午前6時45分現在約30人が集まっている。「県民投票で新基地反対の民意は示された。工事をやめろ」と声を上げた。

 市民によると、抗議中の女性一人が拘束された。【琉球新報電子版】



新たな区域への土砂投入に反対し抗議行動をする市民らを取り囲む県警の機動隊員=25日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

抗議する市民たちを強制的に移動させる県警=25日午前6時40分ごろ、名護市辺野古の米軍キャンプシュワブ前


関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス