政治

岩屋防衛相「今後も地元に丁寧に説明」 辺野古移設事業推進を表明 埋め立て承認撤回取り消し

記者会見で質問に答える岩屋毅防衛相=5日午前、防衛省

 【東京】名護市辺野古の新基地建設を巡り、岩屋毅防衛相は5日午前の会見で、防衛省沖縄防衛局の行政不服審査請求に関し国土交通相が沖縄県の埋め立て承認撤回を取り消す裁決を下したことを受けて、辺野古移設事業を進める考えを改めて示した。

 「普天間飛行場の一日も早い全面返還を実現し沖縄の負担を一日も早く軽減するため、今後も取り組みを丁寧に説明し地元のご理解、ご協力を得られるよう粘り強く取り組んでいきたい」と述べた。

 審査請求では辺野古海域の軟弱地盤が存在することも論点になり、防衛省側の主張が認められる形となった。岩屋氏は「審査でお認めいただいたので、引き続き丁寧に説明しながら安定的に施工できるよう努力をしたい」と語った。軟弱地盤を改良するために今後必要になる県への計画変更申請については「できるだけ早く仕上げて出せるようにしたい」と説明した。【琉球新報電子版】