政治

辺野古新基地建設 土砂陸揚げに新たな護岸使用 国、工事加速へ

岩屋毅防衛相

 【東京】名護市辺野古の新基地建設を巡り、岩屋毅防衛相は11日の閣議後会見で、辺野古崎東側の「K8」と呼ばれる護岸を使った埋め立て土砂の陸揚げに同日から着手すると明らかにした。岩屋氏は陸揚げについて「所要の準備が整ったので本日から開始する。沖縄県にも報告済みだ」と述べた。

 防衛省は埋め立て土砂投入のために護岸「K9」を使用してきたが、新たに別の護岸も加え作業を加速させる考え。【琉球新報電子版】